血圧抑え隊

国民病とも言われる高血圧。塩分を取りすぎたら高血圧、それは大体の方が知っていますが、それ以外の高血圧になる原因はご存知ですか?原因を知っておけばきっと今後の高血圧予防に対策できるはずです。

血圧をさげることを勧める日本動脈硬化学会

血圧をあげる要因は食塩のとりすぎ、肥満、精神的ストレス、喫煙、飲酒などがあります。血圧をさげることはいろいろな病気の予防になります。高血圧症、動脈硬化症疾患、糖尿病等の生活習慣病を防ぐことができます。日本動脈硬化学会は動脈硬化がおこすさまざまな病気を予防することを目標にした学会です。動脈硬化による動脈硬化性疾患へのリスクを正確に評価し、ガイドラインを日本動脈硬化学会が日本国民に公表します。ガイドラインに沿ってリスクを減らすように動脈硬化性疾患予防を提唱しています。血圧をさげるために必要なことをガイドブックを作成し勧めています。また、コレステロール値をさげることも勧めています。日本動脈硬化学会は血圧をさげるためには食生活の改善するように指導しています。コレステロール値をさげるためにも伝統的な日本食を勧めています。減塩に留意した日本食の食事にするように指導しています。日本人の死因の第1位はがんですが、第2位の心疾患、脳血管疾患をあわせるとがんと同じぐらいの人々が亡くなっています。心疾患、脳血管疾患の大多数が動脈硬化が原因でおこっています。日本動脈硬化学会は命にかかわる病気を予防し、命をおとさずにすんだ場合でも、寝たきりや生活ができないことのないようにするための指針をしめしてくれます。日本動脈硬化学会は動脈硬化が原因の病気を予防するためには血圧をさげること、コレステロール値をさげることの大切さを教えてくれます。血糖値のコントロール、禁煙、禁酒を勧め、運動と食事の改善をおこないストレスのない生活習慣を心掛けるように指導しています。日本動脈硬化学会のガイドラインはすべての日本国民にむけての指導目標です。