血圧抑え隊

国民病とも言われる高血圧。塩分を取りすぎたら高血圧、それは大体の方が知っていますが、それ以外の高血圧になる原因はご存知ですか?原因を知っておけばきっと今後の高血圧予防に対策できるはずです。

抗がん剤副作用(嘔吐や低血圧等)と治療判断

がん治療に用いられる抗がん剤には副作用があり、その副作用に関して大きな議論となることがあります。
抗がん剤副作用は、嘔吐や、全身倦怠感、脱毛、衰弱など様々なものがあります。
また、抗がん剤には、がん細胞を攻撃するものと、正常細胞をも攻撃してしまうものとがあり、正常細胞を攻撃することにより、痩せて衰弱することがあります。
一部の話では、抗がん剤副作用が命を短縮しているという議論もあります。
医師によっても様々な判断が下されるでしょう。
医師は皆、同じ医師国家試験を受け、医師国家試験に合格して医師として十分な医療の知識を持っています。
ただし、医師国家試験は医師になるための通過点に過ぎず、実際の現場での臨床やそのデータベースからの判断がもっとも重要なこととなります。
がん患者は、同様のがんでも患者の体質や体力、がんの進行度、腫瘍マーカー、出来た部位など一人一人違います。
抗がん剤の役割は、がん細胞の縮小、がんの成長を遅らせる、転移を防いだり、転移したがんを攻撃するなど、がん細胞を攻撃する意味でこれが使われます。
しかしながら、いくら腕の良い医師と言えども、すでに、どうにもできない段階までにがんが成長していることもあります。
ステージ4のがんでも化学療法により生存期を伸ばすという治療が行われることもあり、副作用に苦しむこともあるでしょう。
抗がん剤副作用で血圧が下がり、めまいや息切れなどの症状が出ることがあります。
血圧が下がる原因は、血液をつくる骨髄にある造血幹細胞の機能に不具合をきたし、赤血球が減少し、また、消化管なら出血もあり、血圧が下がることで、めまいやふらつきなどの症状が現れます。
化学療法では、がん治療のために抗がん剤が使われますが、副作用を抑えて主作用を高めるという治療を行いますので、医師はそれを上手くコントロールして治療を行うため、副作用は治療効果を高めるための情報でもあるのです。